【08】眠れない夜・・・ちょっとしたチャンスです

e0277291_20285869.jpgPMS(月経前症候群)の症状の一つに、不眠があります。
私も、目が冴えてしまって寝つきが悪く、なにより足が熱いような痛いような倦怠感に、結構困ってます。

・・・なんて言ってみても、学生時代の友達は信じないだろうな(笑)
泊まりに来た友達が、マジメな話や恋の相談をしても、途中で寝てしまう私だったもので。
翌朝、友達に「本当、びっくりした、電気消してほんの1分じゃん。」と言われてしまう、『冗談でしょレベル』の寝つきの良さを誇っていたもので。

お肌のためにも、明日のためにも、早く眠りたいのに眠れない時、
さすがに羊を数えたりはしません。
ちょっと難しめの英語の本を読んだりした時もあったのですが、
英語を仕事で読む時もあり、眠り癖がつくと困るのでやめました。

PMSの不眠対処を調べていたところ、
運動・日光・マグネシウムサプリ・足つぼが有効とのことですが
どうやらすぐには効果がでるものではないとのこと。

確か、眠れなくても、身体を横にしていれば多少はよいということを聞いたことがあるので
できる範囲のリラックスを心がけていたところ
・・・いいこと思い出した!
どうせ眠れないなら、と実践してみたのが「一日の調整」です。

女優の南沢奈央さんと写真家の鈴木心さんが司会の
J-WAVEのドリーマーズ・アカデミーというラジオ番組がありまして
そこに精神科医の名越康文さんがゲスト出演し、お話しされていたことです。

一日を大切に過ごすためは、爽やかにスタートすることも大事ですが、
前夜にきっちり終わらせることが重要とのことです。
名越康文さんがアドバイスされていたのは、
『夜寝る前30分なり1時間で、一日を調整することでした。

『どんなに一日がバタバタしていても、バタバタしたままにしないで、
どんなに眠くても、整える。きゅっと結んで眠る。』


『自分自身を確認する作業として、部屋の明かりも音楽も全部消して、3分間、目を閉じる。
これを生まれて初めてやった人は、大概、自分の心の荒波に圧倒される。
次々とどうでもいいようなことが思い浮かんできて、でもそれをぐっと振り返ってみて、
見つめることにだんだん慣れてくると
・・・あれれ、身体の凝り、呼吸の状態、歪んでる感覚に豊かに気づきだす。
それをちょっと調整してあげると、次の日が全然違う』
とのこと。

ということで、私も、ただ目を閉じて、
今日一日の自分の行動を頭で思い出してみました。
単純なはずのことが、なかなか難しい。
自分自身に向き合うよい機会になりました。
手を動かさないでここまで、心が振り回されてるんだもの。
日常ではさらにあたふたしてるはず。

そんなことをしていたら、寝れないじゃんか。
というごもっともな意見もあるとは思いますが、
どっちにしろ寝れないって方には、これぞ大チャンス(笑)
なにしろ睡魔と格闘する手間が省けますからね(笑)

このラジオを(podcastで)聞いたのは、4月の初め。今は5月。
『あ、それいいな!今夜すぐにやってみよう』って思ったはずなのにな。
改めて、シンプルで良いアドバイスでも、
いかに実践が難しいかということを反省しつつ
きっと寝つきのよい私のままだったら、実践できなかったかもだから、
ありがたいと感謝しつつ。
[PR]

by lakenunnu | 2012-05-09 22:53 | PMSありがとう!(21)