【11】イライラしても、血糖値のみに集中する

前回のブログで、イライラについて書いたところ
割りとコモンな悩みらしく反応があったので、今回も扱いたいと思います。

PMS(生理前症候群)のイライラのそもそもの原因は
血糖値が下がっているからという説があり、
私はここから通常下記の定型行動をとります。

イライラしても・・・血糖値が下がっているからだと、強引に思い込む。
そうです、あたしは怒っているわけじゃないの、
これは空腹な身体による血糖値を上げるための反応にすぎないの、
と思い込む。
こうして血糖値に着目すれば、
下がっているならあげればいいじゃな~い、と単純な話になり
なにかを食べれば、ほい解決となるわけです。

ということで、家にいるときには、
はちみつしょうが湯を飲んで、セロリ食べます。はい。

あれれ、最後の最後で、シンプルな話が、
なぜこれまたマニアックな食事法になってしまうかというと
ただなんでも食べればいいというわけじゃないからなんですね。

私の中で、PMSでの食事注意が3つありまして。
1、砂糖を控える (血糖値急上昇後の落差がもっとキツイとのこと)
2、塩分を控える (身体がさらにムクむとのこと)
3、怒ったまま食べない (体に毒だという生活の知恵を信じてまして。
さらに血糖値のことを思えばインシュリンの働きに負担をかけたくないところです。)

怒ったまま食べないに関しては、
気持ちが静まらないときもあるものだと思うのですが、
赤信号を見たらブレーキ踏むがごとく、
これに関しては条件反射的に行うようにしています。
私の場合、思い当たる節(人?)がありまして、
前の会社で、男性管理職でぷりぷりしながら食べる人がいて
そんなに怒ってるなら食べなきゃいいのに、程度に思っていたのですが、
やっぱり身体に悪い癖だったのでしょうね。健康第一なり。

さてさて、それで、どうしてはちみつしょうが湯とセロリになるかというと。

しょうがは皮の近くに栄養があり、
普段の料理法だと栄養的にはもったいない、らしいのです。
けど、しょうがを皮のままスライスしてはちみつ漬けにすれば、
がっちり染込むので優秀。
そいでもって、冷え対策にもなり、
血糖値もあがり最高だ、という寸法です。

ちなみに、セロリは、カリウム豊富なので、
ナトリウムを排出しむくみを解消するとのこと。
この時期のとても強い味方と思ってぽりぽり食べてます。
その後の食事で仮に、塩っけの多い料理がでても
ちょっとした事前気休めにもなります。

ちょっといろいろ書いちゃいましたが、
ポイントは
イライラしたときは、もうこれ以上頭を使わず、
先に口や手を動かす(食べる)、といった辺りでしょうか。

写真の、バナナ+ナッツ+ヨーグルトもオススメです。

e0277291_16585497.jpg
e0277291_1658554.jpg
e0277291_16585618.jpg

[PR]

by lakenunnu | 2012-05-30 17:54 | PMSありがとう!(21)