【17】手作りカレーからの解決・・・サフランかタマリンドか

e0277291_19104611.jpg

えっとですね、なんと、生理痛が軽いどころか、ほぼなかったのです!!
なんでしょうね、この拍子抜けの感覚。

けれど、これが本当なのです。
バファリンなどの薬飲まずに済みました。なにしろ、痛くないので。
あれれ、この調子でいけば、ブログ終了??(笑)
このブログを始めて以降、
確かにいろいろ試してみましたが、今一番心当たりがあるものについて今回は書きます。

夏なので、ハーブをいくつか育てています。
すくすく育つので、なにかいい保存方法はないかな、と思っていろいろ検索していたら
やっぱりS&Bさんのホームページはよくまとまっていて、結構夢中で読んでました。

オススメのレシピの中でどうも気になるのが、ルーを使わない手作りカレー。
そこで、すべてのスパイスを準備して、ついでにご飯もせっかくだからサフランライスにして
カレー作りました。

カレーを食べた後に、好奇心から、使ったスパイスを検索していたら、
「サフラン:薬用植物で、婦人用の通経剤・鎮痛剤に使われていた」
とのこと。
知らなかった!!!ってか、こういうことって知ってるものなんですか(笑)

サフランといえば、思い出すのは、以前の会社の近くにあった本格的なインドカレーのお店です。
その名は「おいしいカレー工房ひつじや」
ここがですね、お客である私が心配するほどの良心的なお店で、
その安さと味で、お昼時はいっつも行列でした。

その中でも印象的なのが、お店のメニューとか、壁の張り紙に
「サフランは高価なので残さないでください」って書いてあったことなんです。
日本ではあまり見慣れない「お願い」だったものの、とても新鮮で私はそこも好きでした。

満腹そして満足になって、オフィスに戻ると、暖かいしなんとなくぽわわんと眠い。
よく冗談で、「さすがひつじやだね」(ひつじといえば眠り)なんて言っていたものですが、

腑に落ちました!ついに!!
どうやらサフランには、快眠の効能もあり
昼に摂取すればちょっぴり眠く、夜に摂取すれば寝つきもよく熟睡が期待できるとのこと。
そういうことだったのか~。ふにふに。

そして、やっぱりひつじやは良心的なお店だったのですね。
スパイスのダイヤモンドと呼ばれるほど高価なサフランを、ちゃんと使ってくれてたんですね。
カレー屋さんはどこでもサフランライスではないことも、つい最近知りました。
ひつじやさんありがとう、リンク貼るくらいしかできないけど応援してます。

ということで、ハーブやスパイスの神秘的な世界に、少し足を踏み入れてみたのでした。
来月もカレーを作って、効果を確かめてみようと思います。

追記1:サフランは妊婦の方は摂取量に注意が必要とのこと。

追記2:サフランの効果かはわからないものの、偏頭痛もありませんでした。

追記3:ターメリックと間違えて(笑)買った、タマリンドも生理痛に効果があるとのこと。
タマリンドは使い方がよくわからず、ジュースにして飲んでみたけれど、その相乗効果かもしれません。
[PR]

by lakenunnu | 2012-07-11 17:37 | 生理痛ありがとう!(15)