【38】ゼロなドリンクとPMSについて

e0277291_20818.jpg

アメリカのテレビ番組Doctersを、観たときのことです。
この番組は現役医師が司会者、パネラーとして登場し、
気さくな雰囲気で専門的な解説をしながら
健康や治療に関するトピックを紹介するのですが、
その回は、「間違えやすいダイエット」というものでした。

「カロリーゼロのドリンクは、やせるどころか太る」という話に、
会場のみなさんはざわめき、
「仕組みは、カロリーゼロのドリンクを飲むとセロトニンが低下し、食欲が増進されてしまう」
とさくっと説明したのです。トラビスが。

セロトニンは、以前のブログ【35】で扱ったように
PMSの精神的症状の最も大きなリスクファクターとされているので、
これは気になります。
さっそく、ネットで検索すると、結構ダークな存在なようです。

ということで、次の日にお茶の約束をしていた
アメリカ人の産婦人科医の友達に聞いてみました。
「人工甘味料がPMS悪化や、うつ病の原因になるって聞いたことある?」

すると、彼女の返事は「私は知らない」でした。
そういうもんなのかな、と思っていたら
「けれど、私は絶対飲まないけどね」とこれまたあっさり言うのです。
どんな理由かなと思って聞いてみると
「だって体内で消化吸収されないから」と
これまたシンプルに答えるのでした。
わかっている事実の中で、選択するしかないですものね。

家に帰って、子供の頃から見てたテレビ番組の
「所さんの目がテン!」の人工甘味料のページを見てみたら、
実験の最中に偶然できた、とか
砂糖の200~300倍の甘さがあるがその理由は不明、とか
アリが近づかないとか、つっこみどころ満載な存在だと判明(笑)

今後、研究が進んで、それらへの答えがでてくるとして
今は様子を見守っていきたいものです。
セロトニンは増やすことができないと読んだので
減らさないために、できることは実践したいものです。
[PR]

by lakenunnu | 2012-12-05 17:59 | PMSありがとう!(21)