【45】彼女の痛みを分かちあいたい

e0277291_18132998.jpg

たとえそれが、自分に向けられたものでなくとも、
誰かの優しさや思いやりを垣間見たとき、
心がじんわりするものですよね。

このブログへの主な検索キーワードは、
「生理痛、生理前、眠れない、カフェイン」なのですが、
ある日、そんななか目にしたのは、
「彼女の痛みを分かちあいたい」という
ちょっと長めのキーワード。
じんわりしました。

ようこそ私のブログに辿りついてくれましたと
嬉しい気持ちになったものです。
「自分を理解してもらうためには、相手をまず理解すること」って
『7つの習慣』にも書いてありましたしね。
こういう優しい人って、やっぱいるんですね。見習いたい。

そこで、今日は
生理痛で苦しんでる彼女にしてあげればきっと喜ぶことを書いてみました。
いつか、またこのブログを読んでくれたらいいなと思いつつ。

まず、そもそも生理の出血って、
排卵後、妊娠しなかったために、
必要なくなった子宮内膜がはがれて
血液と一緒に排出されるものなのです。
「はがれる」って聞くと、これが痛いのかって思いますが、
違うのです。
はがれた子宮内膜を押し出すための、
子宮収縮が生理痛を悪化させるのです。

つまり、子宮収縮が負担にならないように、
血行を促進させれば、だいぶ症状は楽になるのです!
これも踏まえ、具体的な行動を5つ書いてみました。

1、外からの冷え防止
今は冬ですが、夏などは空調に気を遣ってあげる。

2、中からの冷え防止
アイスとか、ビールとか自分から話題にしない(笑)
特に甘いと、血流悪くなるので、アイスは要注意ですね。

3、軽いウォーキング
血行促進です。アイスクリーム屋さんの前を通らないルートで(笑)

4、腰をさする
腰は自分でも届きますが、自分でもできることを人にやってもらうと
なんだか嬉しいものですよね。

5、「じゃ、最終問題は100点で」みたいな寛大な態度で接する(笑)
生理前に、精神的に不安定になると、
身近な男性に攻撃的になる女性が多いようです。
そんな扱いを受けても、
良い機嫌になるのを気長に待ちつつ、
そうした態度をすかさず促すのです。
加点方式を意識するのは、
建設的かなと思うので。
[PR]

by lakenunnu | 2013-01-23 17:30 | 生理痛ありがとう!(15)