【51】被害妄想的な思考の時は、母犬のように振る舞う

e0277291_0265937.jpg

PMSの時に、なんだか、被害妄想っぽい考えになることってありませんか。
ちょっとうまくいかないことがあると、相手を疑ったり、
相手の非を大げさに考えたりして、自分を正当化したり。
こういう時、なんだか自分の中の、
臆病な子犬がきゃんきゃん吠えてるような感じがしてました。

アメリカのテレビ番組でDog Whispererって番組がありまして、
困りものの犬をドッグトレーナーのシーザー・ミランがしつけ直すのです。
実際には、犬ではなくて飼い主に問題があるケースが多いらしく、
シーザーの言うところ「犬にはリハビリ、飼い主こそトレーニング」が必要とのこと(笑)

それでその番組で、小型犬がきゃんきゃん吠えて困るケースって結構ありまして、
飼い主が女性だと、パターンがある程度決まってるように見えました。

たとえば、環境の変化があって子犬が吠えたりすると、
女性の飼い主って、大概、撫でてなだめようとするんですよね。
赤ちゃんに対するお母さんのように、やさしく。

でも、実は、これが、吠え癖を助長させてしまうとのことです。
自分の場所を取られたり、知らない人が来ると、
吠えまくるようになるのです。
なぜなら、撫でることで「吠えてOKよ」ってメッセージを与えちゃっているから。
どんどんエスカレートすると、威嚇したり咬んだりしちゃうこともあるようです。

一方の自然界では、母犬は子犬の不安をなだめるようなことはしない。
たとえば、子犬のうち一匹だけが兄弟犬に押し出されてお乳を飲めなくても、
母犬は特に何もしない。
弱さを育てることはしない、とのこと。
(もちろん他の場面でじゃれたり愛情コミュニケーションはある。)

小型犬は体のサイズが大きくならないから、
ある年齢になっても飼い主が抱きかかえることができるので、
大型犬に比べてこういうトラブルが起きやすいらしいのです。
(もちろん運動不足によるフラストレーション要因もある。)

で、話を元に戻しまして(笑)
肩肘はらずにしなやかに生きるためには、
自分の中にある弱さを認めることは必要だと思うのですが、
弱さをアピールするようになっては困るものですよね。
被害妄想の思考ループは断ち切りたいものですし、
そうやってすねてる間に、ストップしてしまってる何かがあると思うのです。

なので私はこれからは、
母犬が子犬が吠えても気にしないがごとく
自分の心の弱さに構うことなく、
ループを断ち切って、次の一手を考えることができるまで、
やさしく見つめていようと思うのです。

追記:人間という動物だけが、頼りないリーダーにも従うことができる、
てな、皮肉も言ったりしてます。シーザー、しびれるな~。
[PR]

by lakenunnu | 2013-03-06 17:38 | PMSありがとう!(21)