【01】みなさんは、生理を毎月どんな気分で迎えますか?

みなさんは、生理を毎月どんな気分で迎えますか?

憂鬱だな、面倒だな、
条件反射的に、台無しにしてしまった服や旅行を
思い出す方もいらっしゃるかもしれません。
ごく一般的には、生理痛の軽い方を除けば、
生理を疎ましいと思う方のほうが多いと思います。

ちなみに私は、貧血など身体的症状が重く、移動中に困った経験や(吐き気や出血で)
免疫力が下がって風邪を併発したり、毎月なんだかんだ悩まされています。
それに加えて、ここ最近は、生理前(PMS)の精神不安定の症状も加わってしまい、
正直なところ、もうかんべんしてくれ、という気持ちです。

されど、無情なことに、それでも、来月にはほぼ同じ症状が待ち構えています。
インターネットで調べれば、生理痛やPMSに効く体操やハーブなどが紹介されていますよね。
この中から、自分にあったものを取り入れて、症状の緩和、予防を試みてみましたが、
あくまでも、対処療法なんですよね。

まあそうですよね、あきらめが肝心。
厄介者の生理トラブルと上手につきあっていくしかないですよね。
・・・待てよ。本当に、厄介者なのか。
もしかしたら、なにかお得なことがあるのかもしれない。(お得ならいいのかはさておき。)
さっそく「生理痛の良いところ」で検索するも、さすがにヒットせず。

そこで天邪鬼な私は、決意をしました。
生理痛やPMSの良いところ、まだ知らないだけかもしれない。
気休めや開き直るのとは、少し違うのですが、
生理痛やPMSに感謝できるまで
科学的根拠がなくても、多少の解釈における力技や強引さを駆使しても
ふざけているように聞こえてしまっても
生理痛やPMSの受け止め方や、捉え方を、変えてみようと思いました。

生理痛ありがとう!待っていたよ!
そんな風な気持ちになれるように、思考プロセスを訓練するつもりです。
女性のみに与えられるこの理不尽な症状に感謝できたら、
世の中大抵のことは受け入れられる器の大きな人間に成長できるのではないかと
ほのかな期待も寄せています。

痛みや不便さを、感謝の気持ちに変換しようと考えたきっかけは、
「きっかけ(生理痛ありがとう)」にてお話します。
e0277291_2202841.jpg

[PR]

by lakenunnu | 2012-04-10 20:01 | ごあいさつ(1)