【19】イライラもリストに?? リスト作成の薦め

e0277291_15461460.jpg

「あなたの趣味はなんですか?」と聞かれたら、
無難なものをいつも選んで答えているのですが
本当の趣味は・・・リスト作りなのです。
はい(笑)リストを作ることです。

友達と旅行に行こうものなら、行程表は喜んで作ります。
スケジュールはもちろん、ホテルの住所、パスポート番号もコピペしとけば
入国書類記入もスムーズ。
なにより、エクセルはフォーマット作れば、シートをコピーして使えるし保存できるので、
ちょっと事務的ながら思い出管理にもなります(笑)

確か、リスト作りを始めたのは、仕事で出張に行く機会が多かった時で、
出先で忘れ物をすると、小さなことでもリカバリーが大変で、準備はちょっとストレスでした。
それが、リストを作って以降は、まるで、過ぎ去りし日の点呼を楽しむ気分
神経を使う必要はほぼないので、すいすい単純作業になります。もはや自動フローです。

リストを作れば、迷う時間が減る。究極の分業です。
まあ正確には、迷う時間は一度で済むということです。

まだまだいいですか(笑)
リストが趣味な私は、とことんやりますよ。
服や靴、はたまた持ち物全部を分類してリストアップしているので
引越しもいつでもできるはずです。
モノが溢れている時代に
自分が持っているものを、紙一枚で把握できるのは、なんだか落ち着きます。

自分が持っているものを把握する、これって意外に重要なことだと思うのです。
いつか本で読んだのですが、落ち込むと自分の持っているものが見えなくなる、とのこと。
だから自信も失いやすいらしいのです。
気分のむらに左右されないツールがあるのは、いいことに思います。

前置きが長くなってしまいましたが、
以前のブログでお話した私のイライラリストですが、
もちろんここで晒す勇気はないのですが、冷静に分析できる材料となるので
痛々しい作業の甲斐はあるように思います。

まず第一に取りかかれることは、なんとか対処できる問題から。
心にゆとりがあるときに、事前対処をして、要因を減らすのが賢明でしょう。
改善のターゲットが絞られた安心感があります。

続いて、目を向けるべき対象は、なんとか対処できない厄介な問題。
これは大人の我慢の健全な反動だとして、ただ受け入れるようにしてます。

怒りを視点にした現状把握でもあります。
心が麻痺すると、こうした信号にも気づかずもっと追い詰められてしまうかもしれませんし。
器用に小分けすれば気づかぬ振りをできる違和感を、
大胆に不器用に不満をぶちまけるのもきっと悪くない。
体を動かすなら、なお健全なり。
ガス抜きをしている自覚があれば、楽しいまでいかなくても、正常なプロセスに思います。
小さくまとまっている自分には、これくらいでたまにはいいのかと思います(笑)

神経が過敏だからこそ見えることがあるとして、
せっかくイライラしたんだから(笑)、立ち止まってそれを見過ごさずに
そのまま我慢をするべきなのか、改めて問題提起をしてくれているように思います。
[PR]

by lakenunnu | 2012-07-25 17:24 | PMSありがとう!(21)

【18】いろんな理由から、目を労わるようにしています

e0277291_18562983.jpg

突然ですが、女性のみなさま、
「PMS時はなるべく目を使わないようにしてください」なんて言われたら
どう思いますか。

きっと私なら「いやいや、そういうわけにもいかないのよ」と思うでしょう。
おまけに機嫌が悪ければ「そう簡単に言ってくれるな、IT社会なんだから」と
うそぶいてしまう可能性すらあります(笑)

なにも、ゲームやテレビや携帯といった私用や娯楽だけでなく
仕事上、パソコンを使わざるを得ないものだったりしますよね。
たとえカラーの必要のない作業であっても、いろんな色や光が反射し、ちらついてます。
せめてディスプレイを電子書籍Kindleみたいに
目にやさしいものにスイッチできればといいのにと思うのですが。

さてさて、こうして、いろいろ調べる中で、
つくづく現代社会はPMSや生理痛を悪化させる要因の多いことに気づきます。
とりわけ、IT社会こそがその元凶かもと、ここで仮に考えると
やっぱり目の酷使は注意が必要なようです。

まず、PMS時は、もともと目が疲れやすいとのこと。
(知らなかったので、びっくりしました。)
その仕組みは、ホルモンバランスの変化から自律神経が乱れて、
血液循環が循環が悪くなり、目に十分な血液が送られず、目が疲労しやすい。
ひいては、目の疲労は、周辺筋肉の緊張につながり、それが頭の緊張につながるとのこと。
なるほど、目の疲れは頭にまで波及するのか。
なるほど、そりゃよくない。

そう言われてみると、今までを思い起こすと、
パソコンで、がーっと作業をしていて
集中が切れたなと、もうこれは一息いれなきゃと、
思い立つ時はきまって目が限界でした。
視力低下を心配しても、疲れ目のなにが悪いのかなんて、考えたことなかったな。
きっとイライラ、集中力の低下、頭痛などの原因でもあったんだろうな。
腑に落ちました。ふにふに。

ということで、
仕事でパソコンを使わない、って大胆なことはできなくても、
地味ですが、数十秒であっても小休憩を強制的に取り入れることを
心がけることは大きな違いだと思います。
パソコンに15分に一度、自動保存機能を使われている方、
ぜひそのタイミングで、両手をこすり暖めて、目に当てましょう。

ちなみに、家でできることとして
豆乳黒ゴマプリンを作るとき、クコの実を入れるようにしました。
(ゴマのビタミンB2が疲れ目に効くとのこと。それにプラスしてクコ実の豊富なβカロチン→ビタミンAに期待。)

きっと、目の休憩には、遠く山や森を眺めるのが効果的なんだろうな、
なんて思いを馳せつつ
とりあえず、必要以上にチェックしないように、
携帯を裏に伏せるなんて、これまた地味な子供だましも実施中(笑)

余談:鹿やシマウマなどの動物が黒目なのは、
白目が見えると目の動きで敵に逃げる方向がばれちゃうから、とのこと。
人間は、リスクテイクして、高度なコミュニケーションの可能性を選んだのでしょうか。
ま、目は物を語るので、男性のみなさまもぜひぜひ目を労わりましょう。
[PR]

by lakenunnu | 2012-07-18 19:49 | PMSありがとう!(21)

【17】手作りカレーからの解決・・・サフランかタマリンドか

e0277291_19104611.jpg

えっとですね、なんと、生理痛が軽いどころか、ほぼなかったのです!!
なんでしょうね、この拍子抜けの感覚。

けれど、これが本当なのです。
バファリンなどの薬飲まずに済みました。なにしろ、痛くないので。
あれれ、この調子でいけば、ブログ終了??(笑)
このブログを始めて以降、
確かにいろいろ試してみましたが、今一番心当たりがあるものについて今回は書きます。

夏なので、ハーブをいくつか育てています。
すくすく育つので、なにかいい保存方法はないかな、と思っていろいろ検索していたら
やっぱりS&Bさんのホームページはよくまとまっていて、結構夢中で読んでました。

オススメのレシピの中でどうも気になるのが、ルーを使わない手作りカレー。
そこで、すべてのスパイスを準備して、ついでにご飯もせっかくだからサフランライスにして
カレー作りました。

カレーを食べた後に、好奇心から、使ったスパイスを検索していたら、
「サフラン:薬用植物で、婦人用の通経剤・鎮痛剤に使われていた」
とのこと。
知らなかった!!!ってか、こういうことって知ってるものなんですか(笑)

サフランといえば、思い出すのは、以前の会社の近くにあった本格的なインドカレーのお店です。
その名は「おいしいカレー工房ひつじや」
ここがですね、お客である私が心配するほどの良心的なお店で、
その安さと味で、お昼時はいっつも行列でした。

その中でも印象的なのが、お店のメニューとか、壁の張り紙に
「サフランは高価なので残さないでください」って書いてあったことなんです。
日本ではあまり見慣れない「お願い」だったものの、とても新鮮で私はそこも好きでした。

満腹そして満足になって、オフィスに戻ると、暖かいしなんとなくぽわわんと眠い。
よく冗談で、「さすがひつじやだね」(ひつじといえば眠り)なんて言っていたものですが、

腑に落ちました!ついに!!
どうやらサフランには、快眠の効能もあり
昼に摂取すればちょっぴり眠く、夜に摂取すれば寝つきもよく熟睡が期待できるとのこと。
そういうことだったのか~。ふにふに。

そして、やっぱりひつじやは良心的なお店だったのですね。
スパイスのダイヤモンドと呼ばれるほど高価なサフランを、ちゃんと使ってくれてたんですね。
カレー屋さんはどこでもサフランライスではないことも、つい最近知りました。
ひつじやさんありがとう、リンク貼るくらいしかできないけど応援してます。

ということで、ハーブやスパイスの神秘的な世界に、少し足を踏み入れてみたのでした。
来月もカレーを作って、効果を確かめてみようと思います。

追記1:サフランは妊婦の方は摂取量に注意が必要とのこと。

追記2:サフランの効果かはわからないものの、偏頭痛もありませんでした。

追記3:ターメリックと間違えて(笑)買った、タマリンドも生理痛に効果があるとのこと。
タマリンドは使い方がよくわからず、ジュースにして飲んでみたけれど、その相乗効果かもしれません。
[PR]

by lakenunnu | 2012-07-11 17:37 | 生理痛ありがとう!(15)

【16】イライラしたら・・・遠い目をしてみる

e0277291_2433612.jpg

以前、カモメが多くいる町を旅した時のことです。
カモメの親子が道路を横切るために発生する渋滞を見て
あまりのほのぼの具合に微笑ましいわなんてのん気に構えていたら
地元の友人に「母カモメは赤ちゃんカモメを守るためにかなり攻撃的だから気をつけて」
と、諭されました。

さてさて、「PMSのイライラは過剰な防衛本能によるものだ」てな説をよくみるのですが、
母カモメと同じに扱われた気分で(笑)ちょっと嫌な気分になります。
まあ、そもそも、本能説でいろいろなことを片付けるのって、私的には受け入れにくく、
ずいぶん乱暴な考え方だなあ、と思うのです。
しかもそもそも、PMSのときにイライラしても、私まだお母さんじゃないし、守る赤ちゃんカモメいないし(笑)

とはいえ、PMS時、私はお母さんではないものの、
お母さんになる可能性がある時期、もしくは準備期間なのですよね。
それに、妊娠数週のカウント開始って、
母胎のリセットの生理開始からとのこと。(平たく言うと排卵受精着床よりも前に妊娠はカウントされる。)
つまり母胎の準備から身体の変化を捉えるのが自然なのですね。それなら納得。
つまり、今回も(笑)散々あがいたものの、母親予備軍まで概念を広げるならば、
母カモメと同じな扱いを甘んじて受け入れることにしたのです。

ここで改めて、PMS時に私がイライラすることをリストアップしてみたところ、
ソマリアの内戦に怒ったことも、ブッシュ対ゴアの選挙に憤ったことも、
冷静と情熱のあいだのケリー・チャンのキャスティングにきれたことも、
やっぱりありませんでした(笑)
わかってはいたものの、結局どのイライラも自分ごとなんですよね。

イライラの対象が、
見事に、「今」そして「半径10メートル以内の私事」に集約されているのです。
本能かはさておいて、防衛意識が過敏になっていることは正しそうです。
さらに、自分で言うのも痛ましいですが、
視野が狭まってるときのエネルギーの爆発は威力大な、気配がします。

ヨガは呼吸で今に集中、PMSは怒りで今に集中(笑)それはそれでいいように思えますけどね。

まあ、そこで逆に考えてみると
もしも、自分のことを考えないなら、きっとイライラすることはないのでは?
てな安易な発想から、今回のタイトルとなりました。
それでも、気分を転換するのは、大切ですよね。
たとえば遠くのカモメを集中して(笑)思い浮かべたなら、
イライラすることがきっとできない、はず。
e0277291_044830.jpg

[PR]

by lakenunnu | 2012-07-04 17:40 | PMSありがとう!(21)