【55】静電気は痛いだけじゃない

e0277291_1144361.jpg

おかげさまで、私は生理痛がすっかり改善されて、ブログ更新が途絶えてました。
それでも、ここに訪問してくれるみなさま、ありがとうございます。
誰かが読んでくれてると思うと、続ける励みになります。

さてさて、私は、冬の気温が毎日氷点下になるとても寒い地域に住んでおり、
今もとても乾燥してます。
ドアノブを触る時バチンなんて頻度じゃなくて、
ほぼいつでもどこでも静電気が発生するので、
慣れと言うかあきらめの境地に入ってました。

けれどこないだ、蛇口からでた水を触ったら、なんと、びりっときたんですよ!
水から静電気って!!!
さすがに、これにはびっくりしまして、改めて静電気について調べてみました。

すると、静電気も生理痛・PMSに影響することがわかりまして、さっそく情報共有しようと思った次第です。

静電気が帯電すると、「血管が収縮する」とのことで、
血流も悪くなり、さまざまな症状の(筋肉疲労、自律神経の乱れ)要因になりえます。
まあ、血流が悪くなる時点で、生理痛のひどい人には、ダメですけどね。
それと、気になったのが、静電気には「体内カルシウムの代謝を早める作用」もあるようで、
カルシウムの不足は、イライラ、貧血などの原因と言われていますから要注意です。
<今日の結論>静電気は、生理痛にもPMSにも、悪影響。

こうなると、なるべく静電気が発生しないように工夫したいところです。
食生活に気を付けることや、加湿することや、着るものに注意することが主な予防策とのこと。

物理の授業で習うおなじみの帯電列ですが
「アクリル・ポリエステル→麻・木綿・革・絹→レーヨン・ナイロン→ウール・羊毛」
両端の素材ほどマイナス/プラスに帯電にしやすく、
両端での服の組み合わせほど(ぶつかりあって)静電気が大きくなります。
なので、基本的には同素材同士の重ね着なら静電気対策になります。
逆に、真ん中に配置されている天然素材は吸水性が高いので、
静電気が発生しにくいのですが、・・・なんか寒々しいなぁ。

暖かいし着ぶくれしないし軽いし、ヒート系を着る人も多いと思うのですが、
タグで素材を確認すると、ポリ系やアクリルという化学繊維がほとんどですよね。
化学繊維はそれ自体摩擦係数が高いので、静電気を引き起こしやすく、
上の配列で遠いウールと組み合わせさえしなければOKとはいかず、厄介です。

あと、睡眠中の寝返りの摩擦って、意外な盲点だ思うので
フリースをパジャマにするのも、考えものかと思います。
起きたときに冷えや疲れがある人は、避けた方がいいかもしれません。

ちなみに、私が試した静電気予防対策でもっとも効果があったのが、
1、保湿クリームを塗る(手が乾燥していなければ、そこまでばちんと放電しない)
2、ダウンジャケットを脱ぐ前に、髪にトリートメントスプレーをする
(手作り静電気防止スプレーにリンスを薄めるというのがあるようで参考にしました)

今回いろいろ調べてた静電気対策に一つに、裸足ってのがありました。・・・それじゃあ、寒いだろうに。
写真は、静電気予防に効果があるとされてるので、滝です。
[PR]

by lakenunnu | 2014-01-29 01:24 | 生理ありがとう!(15)